卒乳と離乳食

モグモグ期の離乳食のあげかた・注意

2015年10月14日

離乳期における、次の「モグモグ期」とは、生後7~8ヶ月の頃を指します。

この時期になると、舌を器用に動かすことが出来るようになり「舌で食べ物を押し潰す」「潰した食べ物を1つにまとめる」といった行為が身に付きますので、以前よりも離乳食を食べさせるのに手こずることはなくなってくるかもしれません。

「モグモグ期」の離乳食内容は?

この時期の離乳食と言えば「豆腐」や「マッシュポテト」といったようなペチャペチャ状の食べ物が主流になります。

舌で簡単に押し潰せる位の柔らかさがベストですが、モグモグ期の前半は「絹ごし豆腐程度の柔らかさ」、後半は「木綿豆腐程度の柔らかさ」を目安にすると良いでしょう。

与える回数については、ゴックン期と同じ2回を守るようにします。

1度決めた時間は出来るだけ守り、規則正しい食生活を身につけさせることが重要です。

同じ時間に食べさせるようにすれば、赤ちゃんの胃の消化液も規則的に出るようになりますから、健康のためにも良いのです。

この時期には、色々な野菜やフルーツをペースト状にしたり、細かく切ったりなどして食べさせる楽しみが出てきますが、初めて与える食材の場合がある場合には「1日1品・1匙」が基本になります。

離乳食、1回分の食事量

1回の食事量は、豆腐で言うなら40g(1/5丁)、人参なら20g、みかんで10g、5分がゆでは80g程度が標準です。

赤ちゃんにも好みがありますから「柔らかい食べ物が好きで、なかなか固い物を受け付けない子」がいれば、反対に「固い物をいつまでもモグモグしているのが好きな子」もいることでしょう。

いずれの場合にせよ、焦らず「固い物を少しずつ舌で押し潰していく」という作業を根気良く時間をかけて身につけさせるようにすることが、この時期に最も求められる姿勢です。

味付けはどうしたらいい?

基本的には、素材の味を生かした食事作りを心がけましょう。

この時期はまだまだ初めて口にする食べ物も多いので、まず「素材そのものの味」を覚えさせてあげましょう。

お米、にんじん、ブロッコリー…、大人になれば味付きのものを食べる機会がぐんと増えますが、野菜はそのまま食べても美味しいもの。

小さいうちに「美味しんだよ」と教えてあげることは大事なことです。

特に、味覚は3歳までに身に着けたものが大切と言われていますので、美味しい野菜の味を生かしたレシピを作ってみてくださいね。

出汁はこんぶから始めます

とはいえ、この時期になると食べなれてくるものもあるので、少しくらい味付けをしてあげるのもOK。

味付けに使用する出汁は、昆布出汁からはじめます。

なぜ昆布だしから始めるのかというと、昆布というのはアレルギーの心配が比較的少ない食物で、母乳と同じ成分が含まれているためだそう。

※とはいえ、世の中には昆布アレルギーというものもあるそうなので、赤ちゃんに異変がある場合は中止して病院に行ってください。

昆布を出汁として使用するときは、お粥の味付けに使うことをお勧めします。

ご飯をコトコト煮込むときに、出汁用の昆布を入れてあげましょう。

そうすると、ほんのりと昆布の風味が漂う美味しいだし粥に仕上がりますよ・昆布だしに慣れたら、たつお出汁・にぼし出汁にチャレンジです。

市販の赤ちゃん用出汁や離乳食も取り入れてみて

モグモグ期になると、離乳食の回数は一日に1~2回。

毎日丁寧に作るのは、ちょっと大変な時期になってきます。

ママは、離乳食づくり以外にも家事・育児でやることをたくさん抱えていますので、たまには手を抜きましょう。

市販で赤ちゃん用の出汁や離乳食がたくさん売っています。

これらは添加物も入っていませんし、味もその時期に合わせて整えられているので、安心して食べさせることができます。

レシピのバリエーションも多いので、一度食べさせれば自分で真似て作るときの参考にもなりますし、おススメ。

ベビーフードも取り入れてみよう

なお、お母さんの中には「うちの子は、手作りした離乳食は食べてくれないのに、お店で売っているベビーフードなら食べてくれる」ともどかしい気持ちを抱いている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

最近のベビーフードは、栄養面・味・食べやすさ等あらゆる面でよく研究されていますから、赤ちゃんにとっても食べやすく、決して悪い物ではありません。

ベビーフードを購入したら、ぜひお母さんも味見してみて、味付けや柔らかさ・滑らかさなどの参考にしてみてください。

きっと、何か新しい発見やヒントが見つけられるはずです。

また、外出するときは、この市販のベビーフードがとっても便利なので、上手に利用してみてくださいね。レトルトの離乳食は、ショッピングモールのフードコートなどで温めてもらうこともできます。

※フードコートの中に、離乳食を温めますと書いてくれているところが結構あります。

-卒乳と離乳食

Copyright© アカスク|赤ちゃんすくすく!育児・子育てを応援するブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.