赤ちゃんのけがと病気

赤ちゃんの発熱についての基礎知識

2015年11月4日

1歳になるまでの赤ちゃんの平均体温はちょっと高めで、36.5~37.5度くらい。

このくらいの体温なら平均ですので、焦って病院に行かなくても大丈夫です。

赤ちゃんは体温が高めです

ただ、いつも36.5度くらいの子が、ある日突然37.5度の熱を出すのは心配ですよね。

でも、もともと37.5度なのか、それともその時に不調で熱があるのかは、子供の平均体温を測っておかないと判断できません。

熱が出たときのことを考えて、日ごろから赤ちゃんの体温を測定しておき、どのくらいの体温が平均なのかを把握しておきましょう。

これなら、熱が上がった時にすぐ「いつもとちがう」と判断することができます。

具合が悪いときはぐったりしていればわかりやすいのですが、子供は多少熱があっても元気に遊んでいることがあり、少し体温が高いくらいではママが見落としてしまうかもしれません。

普段から「子供の平均体温がどのくらいなのか」を知っておくことは、万が一の時のために大切なことです。

発熱を伴う赤ちゃんのかかる病気について

赤ちゃんがよくかかる病気のうち「発熱」を主な症状とするものとしては「かぜ症候群」「インフルエンザ」「突発性発疹」といったものがあります。

かぜ症候群

まず、1つ目の「かぜ症候群」とは、いわゆる一般的な「かぜ(風邪)」の総称で、ウイルスや細菌に感染することによって、鼻水やくしゃみ、咳、のどの痛み、頭痛など全身症状が表れる病気です。

たかが風邪と侮っていると、気管支炎や肺炎といった重い症状を引き起こすこともありますから「あれっ?もしかして」という初期症状のうちに適切な処置を施してあげましょう。

インフルエンザ

次の「インフルエンザ」には、大きく分けてA型・B型・C型という3つの種類があります。

このうち、世界的な流行を巻き起こすのはA型とB型で、度々ニュースで取り上げられる「新型インフルエンザ」のうち、ほとんどがA型のようです。

C型は流行を問わず5歳以下の乳幼児に感染しやすいもので、症状は軽く鼻風邪程度で済んだり、全く症状が表れないまま終わってしまったりすることも少なくありません。

流行性のインフルエンザは通常のかぜと違い、関節痛や筋肉痛、全身の倦怠感、頭痛などが強く表れる傾向にあり、特に免疫力の弱い赤ちゃんが感染するとインフルエンザ脳症など重篤な症状を引き起こす可能性も高くなります。

赤ちゃんの様子に異変を感じたら、すぐにお医者さんに連絡して適切な処置と薬の処方を受けるようにしましょう

流行がやってくる前に、ワクチンを打っておくのが一番の予防策です。

突発性発疹

3つ目の「突発性発疹」とは、高熱が数日続いてようやく下がったかと思いきや、突然おなかや背中に赤い発疹が表れる病気を言います。

生後6ヶ月~1歳の赤ちゃんに多く「初めてかかった病気が突発性発疹だった」というケースも少なくありません。

季節に関係なく発症しますが、感染力は弱く重症化することもありませんので、慌てずに経過を観察するようにしましょう。

なお、赤ちゃんがよくかかる病気のうち「発熱」を主な症状とする上記以外のものとしては「熱性けいれん」「はしか」「おたふくかぜ」といったものもあります。

赤ちゃんが突然高熱を出すと、お母さんやお父さんはびっくりして心配になるものですが、まずはそれ以外の症状の有無を調べ、冷静に対処することが大切です。

体温計はすぐに測定できるものを

大人であれば、脇に体温計を挟んで数分待つくらいのことは簡単。

でも、赤ちゃんは何をされているのかわかっていないので、体温計を脇に挟んで抑えると、嫌がって泣いてしまうことも多いです。

赤ちゃんにしてみれば、いきなり脇に何かを挟まれて、動けないように押さえつけられて、何が何だかわからない…と不安なのです。

なので、体温計はできるだけ短い時間で熱を測定できるものを用意しましょう。

最近は、耳で測るタイプやおでこで測るタイプのものが人気。

数秒で体温を測定することができますので、赤ちゃんにも負担がかからず楽に体温を測ることができます。

ただし、耳で測るタイプの体温計を使用する場合は「体温計の先の部分が耳の中央(鼓膜の部分)を向くように入れる必要がありますので、日ごろから正しく使うことができるように練習をしてみてください。

体温計は、いいものをひとつ買っておくとその後も役立ちます。

子供が大きくなっても、体温の測定が早いタイプの体温計はとっても便利。

幼稚園や学校に行き始めたとき、朝にちょっと熱を測りたい…となったとき、短時間で熱を測ることができる体温計は楽です。

いろいろな種類が出ているので、ぜひお試しを!

-赤ちゃんのけがと病気

Copyright© アカスク|赤ちゃんすくすく!育児・子育てを応援するブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.