赤ちゃんのけがと病気

尿路感染症

2015年12月30日

尿路感染症とは、おしっこが作られる腎臓から尿管、膀胱(ぼうこう)などの尿の通り道に細菌が感染し、炎症を起こしたものです。

炎症が起きる場所によって「腎盂腎炎(じんうじんえん)」、「膀胱炎」、「尿道炎」があります。

尿路感染症の症状は、おしっこが近い、おしっこが出るときに痛がる、したばかりなのにまたしたくなるなどです。

しかし、痛みや症状を訴えられない赤ちゃんの場合は発熱だけが症状として見られることが多いのです。

その他、不機嫌になったり、ミルクやおっぱいの飲みが悪い、おなかがはる、下痢、嘔吐、などの症状がでることもあります。

尿の流れは通常「上から下へ」の一方通行で、膀胱におりてくる尿は「無菌」状態です。

一方、おしっこの出口からは尿道を伝わって膀胱内に細菌が入り 込みますが、普通は尿をすると膀胱内が空になり、汚れた尿は残りません。

ところが、何かのきっかけで菌が繁殖し、尿路感染症になってしまうことがあるので す。

尿路感染症は、おしっこの出口から便の大腸菌が入って起こることが多く、とくに女の子はおしっことうんちの出口が近く、尿道も短いので尿路感染症にかかりやすいといわれています。

また、まだおちんちんの皮がむけていない男の子の場合も包皮と亀頭の間に垢がたまって細菌が入り易いので尿路感染をおこすことがあります。

とくに赤ちゃんの場合、咳や鼻水などのかぜ症状がないのに高熱があるときは、尿路感染症を疑います。

尿をとって中に白血球や細菌がいるかどうかを調べます。

トイレでおしっこができない赤ちゃんは、おしっこを取る採尿バックを外陰部にはって尿を取ります。

尿路感染症の治療には、原因となっている細菌に効果のある抗生物質を使います。

症状の軽いうちに早く見つけて治療を行うと、だいたいはすぐに良くなります。

しかし、尿路感染症に気づかずにいると、敗血症や髄膜炎といった重症の感染症に進展することもあります。

何度も尿路感染症を繰り返す場合、尿路の一部が狭かったり、膀胱から腎臓へ尿が逆流するなどの異常がないか、よく調べてもらった方が良いでしょう。

きちんと治すために、出された薬はきちんと最後まで飲むことが大切です。

また、水分を充分に取らせておしっこをたくさん出し、菌を流しだすようにしてください。

尿路感染症を予防するには、うんちがおしっこの出口に残らないように、前から後ろに向かってふくことが大切です。

また、赤ちゃんはおむつをこまめに替えて、おしりが常に清潔に保たれるようにしましょう。

自分でトイレに行けるなら、おしっこを我慢しない・途中でやめないということを教えましょう。

女の子は特におしりの拭きかたを前から後ろにするように気をつけてください。

-赤ちゃんのけがと病気

Copyright© アカスク|赤ちゃんすくすく!育児・子育てを応援するブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.