赤ちゃんのけがと病気

咽頭炎

2016年1月27日

咽頭炎とは、のどの粘膜にウイルスや細菌が感染して、粘膜が炎症を起こし、発熱、のどの不快感や痛みではじまり、せきや鼻汁などもよくみられます。

いわゆるかぜの症状です。

咽頭炎が進行すると、のど全体に炎症が広がり、赤くはれて痛みが強くなります。扁桃までひろがると、扁桃炎をおこします。

大部分はウイルス感染によるものです。したがって、対症療法が中心になります。発熱や痛みには解熱鎮痛剤を服用します。

細菌性のものでは溶連菌によるものが多いといわれますが、15%以下です。細菌感染が疑われる場合には抗生物質を投与します。

溶連菌の感染による咽頭炎のときは扁桃に白い膜がみられることがありますが、軟口蓋にたくさんの出血斑がみられるのが特徴です。

溶連菌によるものは、急性糸球体腎炎やリウマチ熱などの合併症をひきおこすことがあるため、早急に診断を確定することが必要です。

診断の確定には細菌培養や溶連菌の検査を行ないます。

溶連菌による感染の場合には、医師に指示されたとおりきちんと最後まで薬を飲みきることが大切です。

状態がよくなったからといって、自己判断で薬の服用を止めてしまうと耐性菌をつくってしまうことになるので気をつけましょう。

咽頭炎によってのどが痛んだり、熱が出ていると食欲も落ちてきます。痛み止めを適宜使って、水分や食事を少しずつ与えるとよいでしょう。

-赤ちゃんのけがと病気

Copyright© アカスク|赤ちゃんすくすく!育児・子育てを応援するブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.