赤ちゃんのけがと病気

急性脳炎

2016年2月10日

かぜの症状が起きた後や、感染症(はしか、風疹、水ぼうそうなど)にかかった後、つづいて頭痛や嘔吐がおこって発症するのが急性脳炎です。

脳とは、大脳、小脳、脳幹をさしていて、これらに炎症がおこると、頭痛や嘔吐の後、高熱が出て、けいれんがおきたり、意識障害が出たりします。

手足にまひが現れることもあります。

ウイルスが原因となりますが、単純ヘルペスウイルス、エンテロウイルス、アデノウイルス、麻疹ウイルス、風疹ウイルス、水痘帯状疱疹ウイルス、ヒトヘルペスウイルス6などが含まれます。

マイコプラズマ、スピロヘータ、レプトスピラ、リケッチア、真菌、寄生虫も脳炎を合併することがあります。

乳幼児では、不機嫌、腹部膨満、嘔吐などの症状が出ます。

脳幹の炎症は呼吸が乱れたり、瞳孔の異常など、生命反応の基本的な部分をつかさどっているだけに、生命の危険を伴うものです。

症状が重い時には麻痺や知能に障害が残ることがあります。

検査は、髄液検査、CT検査、MRI検査、脳波検査などを行い、脳に異変が起きていないかなどを調べます。画像から脳浮腫や脳の萎縮が見つかる場合もあります。

治療には、単純ヘルペスウイルス、水痘帯状疱疹ウイルスに対してはアシクロビルを投与します。マイコプラズマ、寄生虫などでは適切な抗菌薬、抗寄生虫薬などによる治療を行います。

脳浮腫や脱水症状がおきている場合は輸液を行い、呼吸や血圧の管理をし、体温が上昇するのを防ぎます。

-赤ちゃんのけがと病気

Copyright© アカスク|赤ちゃんすくすく!育児・子育てを応援するブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.