赤ちゃんのけがと病気

赤ちゃんが病気!頼れる「アプリ」と「緊急電話番号」まとめ!

昼間には元気だったのに、夜になったら突然体調が悪くなった…ということもあるのが赤ちゃん。

夜は病院が開いていないので、もし行くなら救急病院や当番医を頼ることになります。

救急病院や当番医に行くか、それとも救急車を呼ぶか迷った時に、頼れる電話番号やアプリを紹介します。

救急車を呼ぶべきかと迷ったら「♯7119」

#7119 救急相談センター

  • http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/kyuu-adv/soudan-center.htm

突然赤ちゃんの容体が変わると、疑われるのが急病です。

病院に行ったとしても、夜間救急が混んでいれば診察まで待たなければなりません。

すぐにお医者さんに診てもらうことを考えると、やはり救急車を呼ぶかどうかの判断が必要になってきますが、救急車を呼ぶべきかどうかの判断はとっても難しいですよね。

そんな時に利用できるのが「♯7119」。

「突然の病気やケガで救急車を呼ぶかどうか迷っている」という時に、相談に使える電話番号です。

電話をかけると「救急安心センター」というところにつながりますので、対応した相談員に症状を説明しましょう。

もしそこで「救急車が必要」と判断されれば、そこで救急車の要請をしてくれます。

もし必要ないと判断されれば、その時は自分で救急病院に行って診察を受けましょう。

この電話番号は、赤ちゃんだけでなくお年寄りでも使える番号なので、いざという時のために覚えておくと役に立ちます。

万が一の時に利用してみてください。

※詳細は必ず「救急安心センター事業」のHPで確認されてください。

救急車を呼ぶかどうかの判断に使える「Q助」のこと

Q助

  • http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/filedList9_6/kyukyu_app.html

救急車を呼ぶべきか迷った時に、使用することができるアプリがあります。

正式名称は「全国版救急受診アプリ」、通称が「Q助」です。

このアプリは、症状を画面上で選んでいくと救急車をよぶ必要があるかどうかを判断して、必要がないと判断された場合の対処法も教えてくれます。

スマホに使い慣れている方ならだれでも使いこなせるアプリなので、ダウンロードしておくと良いでしょう。

このアプリのいいところは、同時にタクシー会社や医療機関を調べられる検索機能があること。

救急車が必要なかった場合には、病院をその場で検索する機能やタクシーを呼ぶ機能を使うことができ、病院に行きやすくなる工夫をしています。

♯7119と、このQ助をダウンロードしておくと「いざ」というときに心強いです!

※必ず「総務省消防庁」の公式ページから「全国版救急受診アプリ」のページを見て詳細を確認してください。

もうお馴染み?病院に行くか迷ったら「♯8000」

病院に行くか迷ったら「♯8000」

  • http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/10/tp1010-3.html

こちらは子供専用のダイヤル番号になります。

子供の具合が夜に悪くなった時に「病院にいった方がいいかどうか」の相談をすることができるダイヤルです。

「♯8000」、これはもう有名ですよね。

全国統一の番号になっており、かけると自分が住んでいる都道府県の相談窓口にかかるようになっています。

病院に行くか行かないかだけでなく、子供の症状に対してどう対応したらいいかも聞くことができるため、小さな子供を持つママを支えてくれるはず。

小児科をはじめとする病院でも、この番号が書いてあるカードが配布されていることも増え、全国的に認知が広がってきました。

番号がかかれたものを、見えるところに貼っておくといざという時に電話をかけやすくなりますよ。

まとめ

子供の体調不良は突然やってくるもの。

突然の高熱やケガにいつでも対応することができるように、対策をしておくことはとても大切なことです。

また、ママにとっても「万が一の時に相談できる場所がある」というのは力強い味方になってくれるはず。

赤ちゃんの健康を守るためにも、こういった電話番号やアプリは積極的に活用しましょう。

※使用の際には、必ず公式サイトを見て概要をお確かめください。

-赤ちゃんのけがと病気

Copyright© アカスク|赤ちゃんすくすく!育児・子育てを応援するブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.