赤ちゃんのお世話

赤ちゃんとの外出に絶対持ちたい持ち物リスト【防災編まとめ】

日本は、地震や水害をはじめとした「災害」が起こりやすい国です。

災害はいつやってくるかわからないため、もしかしたら赤ちゃんと外出しているときに巻き込まれてしまうかもしれません。

そんな時に備えて、普段から外出中に持っていてほしいものをまとめました。

赤ちゃんと外出時に防災グッズを持ち歩いた方がいい理由

赤ちゃんと一緒の外出の際も災害を意識してましょう。

「東日本大震災」では、津波によって多くの家が倒壊してしまったために、避難所生活を強いられた人がたくさんいました。

外出中にあの規模の地震がくると、道路が割れて家に帰ることができなくなることも考えられますし、帰れたとしても自宅に入れる状態であるとは限りません。

そうなると、自宅に入れずにそのまま避難所生活が始まってしまう可能性も少なくないです。

どんな自治体であっても、万が一の時のために市民のための防災グッズを備蓄しています。

それでも、支援物資がなかなか届かなければ「物資不足」になる可能性もあるため、やはりある程度は自分でも用意しておかなければなりません。

何があっても対処できるように、お出かけをするときは「赤ちゃんのための防災グッズ」を用意しておきましょう。

※下記に「持ち歩いた方がいい防災グッズ」をまとめていますが、必ず国が出している「赤ちゃんとママを守る防災ノート」も目を通してくださいね。

これは持っておいてほしい!ものまとめ

普段の赤ちゃんとのお出かけでも、おむつをはじめ、持っていくものはたくさんあると思います。

それでも、ちょっと遠出や電車を使う場合などは、いつも持っているものと合わせて、気をつけて持ちたいアイテムもあります。

また出先で何かあった場合、できれば、買い足しや持っていないものの確保に努めることも念頭に置きましょう。

必ずオムツは枚数を多めに!

そして肌に合ったものを赤ちゃんと一緒に外出するときは、どんなママでもオムツを余分に持っていくはず。

そこに「災害が起きたときのための備え」として数枚を追加しておきましょう。

気を付けたいのは、肌が荒れやすい子の場合は「必ずその子に合った質のオムツを用意しておく」ということです。

肌が敏感な子だと、何日かは変わりなくても履き続けているうちにお肌がかゆくなってくることもあるため、子供の肌に合ったオムツを用意しておくというのはとても大切なこと。

また、自治体が備えで用意しているオムツが子供に合ったものであるとは限りません。

万が一の時でも、赤ちゃんのお肌を守ることができるように「その子にあったオムツ」を常備しておいてください。

着替えの洋服と下着

外出先で子供が服を汚したときのために、替えの服を持っているというママも多いはず。

この着替えが、万が一の時は役に立ちます。

避難生活の中では、赤ちゃんの清潔を守るためにも着替えは必ず必要になりますので、可能であれば何枚か持ち歩くことをお勧めします。

水がなかなか手に入らず、着替えを洗濯することができないこともあるため、予備を持っておくと安心ですよ。

おしりふきは使える!必ず持っておきたい!

災害時に一番役立ったものとして、「ウェットティッシュ」が挙げられることが多いのを知っていますか?

ウェットティッシュはそのくらい万能なもので、被災生活の中で大人のことも助けてくれるグッズです。

ウェットティッシュとおしりふきはとても良く似ていますが、おしりふきの方が水分をたくさん含んでいて、質感もふわっとしているので、より使いやすく出来ています。

これがあれば、赤ちゃんのお尻だけでなく体をふいて清潔を保つこともできますし、ママのお顔などをふくこともできて便利。

非常用に必ず備えておきたいアイテムです。

抱っこ紐も!避難の時にベビーカーは使えません

地震をはじめとした災害が起きると、舗装されていた道路が凸凹に隆起してしまうことがあります。

東日本大震災では、あちこちで道路の陥没が起きていましたよね。

その道を、ママがベビーカーを押して避難するのはとても難しいです。

避難となると大勢の人が一気に押し寄せることもあり、そうなるとますますベビーカーは使いにくくなります。

「赤ちゃんの非難は抱っこ紐が原則!」これを覚えておいてください。

何かあった時は、ベビーカーを放っても抱っこ紐で逃げましょう。

母乳育児であってもミルクは常備していた方がいい

最後に紹介するのは、赤ちゃん用のミルクのこと。

これは、ミルクを飲んでいる赤ちゃんだけでなく母乳育児のママにも持っておいてほしいアイテムです。

非常時にいつも通り母乳が出るとは限らないですし、母乳をあげることができるような仕切りがついた環境にいられるとも限りません。

そう考えると、ある程度はミルクの備えをしておいた方が安心です。

離乳食を食べている赤ちゃんにはレトルト離乳食を

もし赤ちゃんが離乳食を食べている時期なら、レトルトの離乳食も常備しておきます。

おススメは、使い切りタイプの哺乳瓶とスティック状の粉ミルクを常備しておくこと。

避難所では、哺乳瓶を消毒することができるお湯が手に入らないことが多いので、使い捨てができる哺乳瓶を持っておくとより安心して過ごすことができます。

使い捨てタイプの哺乳瓶は、小さく折りたためるのでバッグに入れてもかさばりにくいです。

ひとつ300円ほどで購入できますので、いくつか持っておくと便利です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

災害から身を守れるかどうかは「どれくらい危険意識をもって行動できるか」ということに直結します。

いざという時に赤ちゃんの身を守るためにも、日ごろから備えをしておきましょう!

-赤ちゃんのお世話

Copyright© アカスク|赤ちゃんすくすく!育児・子育てを応援するブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.