卒乳と離乳食

6ヶ月の赤ちゃんが離乳食を食べない【思い当たる原因】

赤ちゃんもどんどん成長し、5ヶ月を迎えた頃くらいから離乳食をスタートさせたという方が多いと思います。

ですが、6ヶ月くらいになっても「なかなかうちの子、離乳食を食べてくれなくて…」と悩んでいるという方も多いはず…。

そこで今回は、6ヶ月の赤ちゃんが離乳食を食べない原因について探ってみました。

離乳食を食べない原因は実はお腹がいっぱい?!

まず初めに、6ヶ月の赤ちゃんが離乳食を食べない原因は、もしかしたらお腹がいっぱいで食べたくても食べられないのかもしれません。

例えば、離乳食をあげる前にこんな時ってありますよね。

オムツもきちんと変えているのに、急にギャンギャン泣いてしまい、離乳食前だけど泣きやませようとおっぱいをあげたりミルクをあげたりといった経験はありませんか?

離乳食前におっぱいやミルクをしっかりと飲んでしまうと、当然お腹が満たされた状態になってしまうので、まだまだ小さい赤ちゃんの胃には離乳食が入るスペースがなくなってしまいます。

離乳食を食べたかったとしても、お腹いっぱいで食べることができないのです。

離乳食を作るのって、意外と時間もかかりますし、すぐにはあげることができません。

なので、できれば簡単にいつでも離乳食をあげられるようにある程度ストックしておくのも手です。

お腹がすいて泣いている赤ちゃんを待たせずに済みます。

お腹がすいていると比較的赤ちゃんも離乳食を食べてくれやすいので、お腹がすいていそうな頃合いをみて離乳食をあげるようにしましょう。

離乳食を食べない原因は食べづらいのが原因?!

次に、6ヶ月の赤ちゃんが離乳食を食べない原因は、もしかしたら食べづらいのが原因なのかもしれません。

6ヶ月の頃は、まだまだ離乳食を始めたばかりの頃なので、まずは離乳食というものに慣れる段階です。

ですが、この頃に早くいろんなものを食べて欲しいからといって、たくさん具を詰め込んだり食べ応えのあるようにと大きめに調理してしまっては、赤ちゃんにとっては食べづらくて仕方ありません。

まだまだ慣れる段階のころですので、赤ちゃんがゴックンとしやすい状態にしてあげることがまずは大切です。

また、いろいろと食べさせたいというお気持ちは分かりますが、これからも離乳食の時期が続きますので、赤ちゃんのペースを見ながら徐々にいろいろな食べ物にチャレンジしていきましょう。

赤ちゃんが食べやすい大きさの離乳食にしてあげることで、赤ちゃんも自然と離乳食に興味を示すようになり食べてくれるようになってきます。

離乳食を食べない原因は量が多いのが原因?!

最後に、6ヶ月の赤ちゃんが離乳食を食べない原因は、実は量が多いのかもしれません。

赤ちゃんが6ヶ月の頃は、ちょっと離乳食を食べてすぐに飽きてスプーンやフォークをおもちゃ代わりに遊びだすなんてこともありますよね。

親としては、「量を全然食べてくれないし、大丈夫かな?」ととても心配になります。

ですが、この時期ではまだまだおっぱいやミルクの方が中心となるため、少量しか食べないなんてことが多々あります。

機嫌が悪いせいで一口食べたら終わりなんてことも良くありますし…。

6ヶ月の赤ちゃんは、まだまだ量をそんなに食べることができないので、赤ちゃんのペースを見ながらそれにこちら側がうまく合わせてあげることが大切です。

無理やり量を食べさせようとすると、離乳食が嫌になってしまう赤ちゃんもいるので、赤ちゃん一人一人のペースを見ながら進めるようにしましょう。

まとめ

意外と6ヶ月の頃は、「離乳食を始めたばかりだけどうちの子大丈夫かな?」と不安に思うことが多くなる時期です。

ですが、赤ちゃん一人一人によってペースや進み方が全然違います。

どうしても回りと比較して考えてしまいがちですが、ご自身の赤ちゃんとコミュニケーションを取りながら楽しく離乳食を進めてあげてくださいね。

-卒乳と離乳食

Copyright© アカスク|赤ちゃんすくすく!育児・子育てを応援するブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.