卒乳と離乳食

離乳食はいつから?と考える必要がない5つの理由

離乳食っていつから始めればいいの?初めての子育てママからよく聞くせりふです。

5か月から、とか体重が〇キロになったら、など色んな情報がありますがどれもうのみにするのではなく、我が子の成長と自身の生活スタイルに合わせて無理なくはじめましょう!

タイミングその1「乳歯が生えてきたら」

個人差はありますが、だいたい5か月から6か月で初めの歯が生えてきます。

これは食べ物をかんだり、咀嚼する機能がそろそろ準備できましたよというサインです。

食べ物をかむことで、あごの筋肉が発達したり、歯が丈夫になったりするので乳歯が生えてきたタイミングで離乳食を始めるのが1つの目安です。

タイミングその2「首がしっかりと座ったら」

首が座るとしっかりと姿勢を保つことができるため、ものをかんだり飲み込んだりという行為ができるようになります。

また支えてあげれば座れる、といったことも目安になります。

また、このころには周囲に対しても興味が出てくるころなので誰かが何かを食べているとよだれを垂らしたり、手を伸ばそうとしていれば「食べてみたい」というサインです。

このような反応が見られたときはベビーチェアを用意して、大人と同じ食卓で、ママやパパといっしょに楽しく食べるという環境をつくることも始めます。

タイミングその3「スプーンなどを口にいれても嫌がらないようになったら」

食いしん坊の赤ちゃんは、はじめからもぐもぐ食べてくれたりするものですがはじめは舌で押し返して、拒絶する赤ちゃんもいます。

これは赤ちゃんにもともと備わっている「哺乳反射」というものが原因です。

この現象が減ってくれば、そろそろ食べ物を受け付ける準備ができたという目安になります。

タイミングその4「赤ちゃんの生活リズムができてきたら」

朝起きて、お昼寝して、夜寝る。

これら1日の生活サイクルがだんだんと一定になってきます。

睡眠もまとめてとれるようになってくるので、少しずつリズムができあがってきます。

そうすると食事の時間もだらだらとおっぱいを飲んでいたころとは違い、お腹がすく時間もある程度一定になり、そうすることで食事の時間も決まってきます。

タイミングその5「ママの準備も整ってから」

2人目以降の離乳食にありがちな悩みが、そろそろ始めないといけないんだけど、手が回らない、という悩みです。

離乳食ってけっこう手間ですもんね。

そんなときは無理して、必ずしもすぐに始めないといけなということはなくママが始められそうなタイミングで、できる回数やメニューから始めることです。

これは離乳食に限らず、育児において共通して言えることですが「まずはママが笑顔でいられること」これが何より子どもたちにとって大事です。

カリカリしたり暗い顔をしていては、赤ちゃんも不安になります。

「~すべきだ。」「~は母親失格だ。」そんな風に思わず、ゆっくり自分たち親子のペースを大事にしてください。

まとめ

以上のように、離乳食を始める目安はたくさんありますが、だいたいそれらをトータルすると生後5か月くらいとなるわけです。

ただ、あくまでも目安は目安です。

赤ちゃんは一人一人違います。

体も大きく、食に興味があり、5か月になる直前からもう食べ始める子もいれば6か月近くなってもまだ始められないという赤ちゃんだっています。

大切なことは赤ちゃん一人一人の体の状況や食に対する興味を把握し無理なくその子のペースで進めていくことです。

初めての子育てではわからないことや不安も多く、育児本や周りのママ友の様子が気になると思います。

それらに一喜一憂することなく、決して焦らず、楽しみながら進めていけるといいですね。

-卒乳と離乳食

Copyright© アカスク|赤ちゃんすくすく!育児・子育てを応援するブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.