赤ちゃんウェブログ

赤ちゃん用防災頭巾の選び方とオススメ頭巾

2018年5月11日

人の命を守る防災頭巾。

幼稚園や保育園によっては防災頭巾の購入を義務化している施設がありこれまで購入した経験がない親御さんにとってはどれを購入すればいいのかわからず迷ってしまう方もおられます。

大事な赤ちゃんや子供の頭を保護する防災頭巾ですがタイプが複数あるため商品の違いや選ぶ際のポイントを知った上で購入したいものです。

そこで今回は、赤ちゃん用の防災頭巾を選ぶポイントについてご紹介します。

赤ちゃん用防災頭巾の選ぶポイント

赤ちゃん用防災頭巾を選ぶ上で気になるのはサイズです。

防災頭巾はサイズが様々であり大人の方でも身につけた経験をお持ちの方は多くありません。

だからこそどれぐらい頭にフィットしていれば適正なのか判断が難しいと感じる方もおられます。

その他、防災頭巾を選ぶ際の材質や特徴の違いについて詳しく見ていきましょう。

防災頭巾の適正サイズ

子供用防災頭巾の主要なサイズは25cm×30cmです。

赤ちゃん用と考えた場合、一般的に一番小さいSサイズとなれば25cm×30cmを選択するのが望ましいです。

ただ赤ちゃんの頭の大きさは年齢や成長スピードによって若干の誤差があるため試着できる場合は必ず調べてから購入するようにしましょう。

サイズが大きすぎると視界に防災頭巾が入り込み視野を狭めてしまう恐れがあります。

視界を広く保ちつつ、防災頭巾がズレない程度のフィット感を維持することができるサイズが適正となります。

赤ちゃん用防災頭巾の材質の違い

防災頭巾と一言で言っても商品によって材質が異なります。

防災頭巾で最も大切な機能である「防火」については難燃素材にどんなものを使用しているかが値段の差につながります。

例えば、AMAZONで発売されている(財)日本防炎協会認定品である日本製の防災頭巾(26×37cm Sサイズ 子供・幼児向け)においては、中綿に「スーパーエクスター」が使用されています。

この素材は、高級なカーテンなどにも使用されているほどの高い難燃素材と言えるものであり防災頭巾の中でもメジャーな素材と言えます。

また、赤ちゃんや子供によっては素材の成分に対してアレルギー反応が出る恐れが懸念されますが、この「スーパーエクスター」は皮膚の炎症やアレルギー反応が起こりにくい特徴があるため、安心して使用できるのがポイントとなります。

赤ちゃん用防災頭巾で安心の機能

赤ちゃん用の防災頭巾であったら安心という機能が名前と血液型を記載できるシート付きの防災頭巾になります。

万一、火災に巻き込まれた時親御さんが側で一緒にいることができればいいですが、親御さんとお子さんがバラバラになりはぐれてしまった時やどちらかが喋ることができないような状況に落ち至った場合、急を要する輸血などでは採血をとって血液型を調べるという猶予がない場合があります。

そんなもしもの時に助かるのがネームシートがついた防災頭巾です。

防災頭巾のどこか一箇所にでもシートが縫い付けられているともしもの時に名前と血液型が確認できます。

赤ちゃんや子供用の防災頭巾にはネームシートがついている商品も多くあります。

例えばい、アマゾンで発売されている日本防炎協会認定のアルミ加工で作られた日本製防災頭巾【S】にはネームシートがしっかり縫い付けられています。

また衝撃にも強く足場の悪い火災現場で転倒をした時でもしっかりと頭だけは保護してくれます。

また、アルミ加工なので何度洗っても性能が落ちることがないのも嬉しいところです。

通常時は座布団として活用できる防災頭巾

よく小学校で行う避難訓練では椅子に取り付けていた座布団を頭の上に乗せて避難した経験をお持ちの方も多いことでしょう。

防災頭巾も座布団と同じように非常時以外は防災頭巾として活用する場面がありませんが、もしもの時に身の回りになければ不安なものです。

そこで小学校でも持参できるようにと開発されたものが座布団として活用できる防災頭巾になります。

例えば、COLORFUL CANDY STYLEの防災頭巾カバーは人気の高いカラーバリエーションを準備しています。

通常時は背もたれとして使用したり、座布団としても使用できる優れものです。

いざとなれば頭にかぶることもできる棒材頭巾に早変わりと一石二鳥なアイテムです。

もしもの時の備えに常に身の回りに防災頭巾があると親御さんも子供本人にとって安心することができますよね。

まとめ

いかがでしたか。防災頭巾を購入する機会というのは大人になってもそう巡り会うことはありません。

そのためどうやって防災頭巾を選べばいいのか?その軸がわからずに迷う人も多い中で、詳細を見比べていくと難燃素材の違い、ネームプレートの存在など金額の違いが明確に出てきました。

命を守る役割を備えていることはもちろんのこと、そのほかにも「あったらいいのにな」という機能も備えた防災頭巾をどの程度まで期待して選ぶのか?親御さんは普段接しているお子様の様子を見て購入商品を判断し、参考にして見てはいかがでしょうか。

実際に子供がよろこんで幼稚園や保育園に持って行く光景を見ると嬉しいですよね。

-赤ちゃんウェブログ

Copyright© アカスク|赤ちゃんすくすく!育児・子育てを応援するブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.