赤ちゃんグッズ・アイテム

赤ちゃんの靴下サイズの目安と選び方

2020年1月5日

心待ちにしていた赤ちゃんの誕生、かわいいコーディネイトを楽しみにしているプレママさんも多いのではないでしょうか。

もしくは、肌着は用意したけれど、そういえば靴下は…?と気づいて調べてる方。

まだ歩く前の靴下選び、実際に使える時期やサイズをご紹介します!もしくは出産祝いとしてポピュラーな、タオルと靴下の詰め合わせをご検討中の方もこの記事を読んで参考にしてくださいね。

靴下選びは生まれ月に注意!

出産後、一般的にママと赤ちゃんは一ヵ月家の中で過ごします。

産院からの退院後、初めての外出は一ヵ月健診という方も多いです。

家の中では、布団の中で裸足でいる赤ちゃんがほとんどです。

初めての外出着、足元は?まだまだ歩くわけでもなく抱っこのままなので、6~8月生まれの子は、一ヵ月健診は裸足のままの子が多いです。

生まれてすぐのサイズで靴下を買っても、あまり履かせないままサイズアウトしてしまった、なんてこともよくある話です。

そのほかの季節生まれの子は、風邪などひかせないよう、細心の注意が払われるため靴下必須です。

9~11サイズのものを一ヵ月健診用に用意してくださいね。

お宮参りにも靴下を忘れずに

男の子は生後31日め、女の子は32日めを目安に行われるお宮参りは、みなさんドレッシーな服装でいらっしゃいます。

なので、何月生まれでも裸足はNG。

このころの赤ちゃんはまだ歩くわけでもないので、防寒の意味合いのみの靴下になりますので、おしゃれ用に1足、防寒用に3足もあれば十分です。

生まれる前からお宮参り用の靴下を用意する場合には、11~12センチのものを選びましょう。

出産祝いに靴下をご検討されている方は、このサイズをお探しになれば間違いないでしょう。

ベビーカーから落下する靴下

赤ちゃんもだんだん動けるようになってきて、手足をよくバタバタさせるようになります。

と、同時に自分の履いている靴下にも興味しんしん。

両足を上手に使って、いつのまにか靴下を脱いでいた、、、なんてこともよくあります。

ベビーカーを押して後ろから歩くママはそれに気づかず、靴下が片一方ない!なんてことも。

靴下を引っ張り始める頃になったら、靴下の紛失にも気を付けましょう!

保育園でのソックス

産休が明けると、いよいよ保育園ですね。

着替えが一気に必要になりますので、靴下もお忘れないようにしてくださいね。

一歳になってお子さんを預ける方は、そろそろ歩き始めて保育園でのお散歩も楽しくなってくる頃です。

靴下はなくしやすいので、多めに用意してくださいね。

個人差が大きくなってくる頃ですが、一歳頃ですとサイズは12~14センチあたりをご用意してください。

乳幼児は頭と手足にびっくりするくらいの汗をかきます。

なので薄すぎず、しっかりした生地のものを選んであげましょう。

デザイン的にも、スカートNGの保育園が多いので、ハイソックスはあまり実用的ではありません。

園それぞれの規定があるので、その点も確認してから揃えると無駄になることが少ないですよ。

保育園では真夏でもサンダルNGのところがほとんどです。

なので、一年中を通して靴下を切らさないようにしてあげてくださいね!

幼稚園派の子のソックス

保育園に行かない子も、地域の子育て支援センターなどに行くようになるのではないでしょうか。

その行き道もママとの楽しいお散歩コースになることですね。

支援センター内はすべり防止のため裸足ですが、保育園と違って服装規制も厳しくないので、お散歩中はハイソックスなど履かせてあげてもとってもかわいいですね。

靴を履く際は、靴下を履くように早めにしつけてあげると、自分から進んで靴下を履く子になるので後が楽ですよ。

こんなデザインの靴下もアリ!

まだ歩く前の、靴も履かない赤ちゃん時代。足元のおしゃれは靴下のみですね。

なので、ぜひ靴下コーディネイトにも注目してみてください。

靴下に、まるで靴を履いているかのようなプリントがされたものなど、洋装のお宮参りをされる方にはぴったりですよ。

和装の際も足袋はまだ履けないので、下に白の靴下を履かせてあげるのもいいですね。

キャラクターのものはもちろん、面白いパッケージを摸したものも我が子に履かせるのもフォトジェニックになりますね!SNSの我が子自慢も、受けを狙えば載せやすいでしょうか?

小さかった靴下も記念に

こんなに小さかったあなた・・・としみじみするにも靴下がもってこいですね!

靴はすぐ泥んこになりますし、取っておいてもなかなか取り出すことはないですが、ひとつ思い出用に靴下を取っておいてもいいものですよ。

まとめ

赤ちゃんの靴下サイズの目安と選び方について参考にしていただけましたでしょうか。

生まれ月やライフスタイルによって必要な靴下の需要は変わってきますので、購入の際はその点に気を付けてください。

赤ちゃんは手足で温度調節をするので、手足が冷たくなりやすかったり、びっくりするほど汗をかくものです。

かわいく機能的な靴下を選んであげてくださいね!

-赤ちゃんグッズ・アイテム

Copyright© アカスク|赤ちゃんすくすく!育児・子育てを応援するブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.